マイホームを作った結果後悔した項目

土地を決めて家の仕様を打ち合わせし着工し完成、引き渡しまで時間を要したものの納得のいくマイホームを建てる事が出来ました。そんな、マイホームですが完成した後に後悔した項目がありました。それは、リビングスペースで広さについてでした。土地の広さや間取りを考慮すると設計した広さが限界と言われました。岐阜でリノベーションしかし、間取りを見直したり外構スペースを見直す事でもう少しリビングスペースを広げる事が出来ました。その段階で部屋の広さを目で見て確認出来なかったためこれくらいの広さで妥協しようと思いそのままの広さで決めました。実際に完成して家具などを置いたりすると思っていたよりも空間が狭く感じてしまいました。設計の段階で妥協せずにスペースを確保しておけば良かったと後悔しました。住宅展示場のモデルハウスなどで類似の広さの部屋などを見ておけば良かったと思いました。図面だけでなく実際の部屋の広さやイメージを見ておく事はとても大切だと実感しました。