限られた面積を最大限に広く感じさせる住宅

わが家の住まいの自慢は、やっぱり「家の面積」です。いや、家の建坪自体は標準的なものでしょうから、言うなれば「居住空間の広さ」とでもいいましょうか。限られた土地の面積で、できる限り居住空間を大きめに取ることができるように頑張りましたから。

とは言っても、子供がいますので収納を削るわけにはいきません。収納を十分に取らないと、部屋がごちゃごちゃしてしまって、居住空間が狭くなることになりますから。必要なスペースを削るのではなく、「一緒にする」ことで、スペースを広めに感じられるようにしようというものです。

たとえば、わが家はリビング階段にして階段のスペースを節約しています。それに、ダイニングとキッチン、リビングルームも同じ空間にしています。これもまた、壁などの面積の節約です。そして広く感じることができますし。他には、バスルームの脱衣所は洗面所と同じ空間にしていることも節約です。

このように、居住空間が少しでも広く感じるように、開放感がある家になるようにと、ちょこちょこ工夫しているのです。限られた家の面積が狭苦しく感じないところがわが家の自慢だと思います。