3面ガラスに囲まれた明るいダイニング

我が家の自慢はダイニングが明るいこと。3面ガラスになっているのでとにかく明るいのです。リビングと繋がっていてダイニングの明かりが入るのでリビングまで明るくなります。田舎で敷地が広いので3面ガラスでも覗かれる心配が無いんです。隣家とは塀で仕切られていてどちらからも家の中を覗くことはできません。だからロールカーテンを下ろすのはいつも夕方以降。家の明かりをつけるまでの間はロールカーテンを全開にして光をダイニングに入れるのです。だから真冬もダイニングだけは暖かいんですよ。曇りや雨天だと日が入らないけど、晴れた日は真冬でも暖房いらず。そのあたたかい空気が家の中の影になっているところにまで行き届くから暖房費の節約になります。岐阜で家づくりならこちらの工務店難点は夏になるとダイニングの室温が上がること。この季節は午前中からロールカーテンを下ろすのですが、それでも強い日差しが室温を容赦なく上げるのです。だから食べ物もテーブルに置いておけません。少し気になる点はあるものの、やはり明るくて外の自然を感じながら暮らせることは大きなメリットだなあと思います。日々の暮らしに潤いを感じますよね。