それぞれの部屋がある家に住み替えたけど

2LDKのアパート暮らしだった頃は家族がよくリビングに集まっていたので安心感がありました。家族構成はわたしと旦那と娘の3人。娘の部屋があったけど娘は自室よりリビングにいることが好きで、寝るとき以外ほとんどリビングで過ごしていました。勉強するのもリビング。スマホを使うのもリビング。寝るときだけ自室へ行くという感じで何のために娘に部屋を与えたのだろうとよく悩みました。大垣で注文住宅を建てるならこちらでも悩みながらも娘の顔を毎日見てなんだかんだ話ができる幸せを感じていたのです。マイホームを建てて家は広くなりました。部屋は2部屋から4部屋になりひと部屋はゲストルームにしています。それぞれの部屋があり最近はそれぞれが自室で過ごす時間が増えました。家は広くなったけどなんだか寂しいです。狭い家に住んでいた頃は広い家に憧れました。ですが、実際広い家に住むと、狭い家に住んでいたときはいつも家族が近くにいてそれが安心感に繋がっていてちょっと複雑な気持ちになるのです。