職人の技

手仕事でつくる家のハイライトは、やはり建築現場です。
多くの会社では、その会社で建てることを決める前に、全てのお客様に建築中の工事現場をご案内しています。
手仕事でつくる家をご検討している方は、ぜひ家づくりの過程に建築現場の確認を入れて下さい。
完成してからでは見ることの出来ない壁の中の作りや、エアパス工法の通気層、断熱材の施工などを実際にご覧いただきご説明します。

先日、ご担当させて頂いている岐阜市S様ご夫妻を、建築中の現場にお連れしました。
愛知で平屋を建築なさるS様のご主人は、以前にお仕事の関係で建築中の家を何度も見る機会があったそうです。
そのご主人が「こんなに(細かいところまで)手間をかけた家は見たことがない」と驚かれていました。
家づくりは、ご家族とその会社が『結婚』するようなものじゃないかなと考えています。
結婚って、どこの誰ともわからない者同士ではしませんよね。
お互いの性格、フィーリング、育ってきた環境や家族のこと…色々分かり合って信頼して、初めて結ばれるものではないでしょうか。
S様や沢山のご家族にとって「信頼」して、末永く「安心」して住める家であるために。
これからもしっかりお伝えしていきたいと強く思いました。
最後に、大切なお家を見学させて頂きましたI様、本当にありがとうございました。
I様邸の職人さん。とても丁寧な仕事をされる方です。
いつも本当にありがとうございます。